着物を着た女性

日本の民族衣装

赤いヴァージンロードを白いウェディングドレスを身にまとった花嫁が歩くというイメージが強い結婚式ですが、最近では和装も人気が高まってきています。
古臭いという印象があった和装ですが、現在では可愛らしいデザインもあり、種類も豊富なので身に付ける人も多くなっているのです。

和装というのは日本の民族衣装です。結婚式に身につける着物には様々な種類があるので、結婚式のスタイル、会場の雰囲気に合っているものを選ぶことが重要です。
着物には柄にもそれぞれ意味が込められています。そういった込められている意味などを知るとさらに衣装選びを楽しくすることができます。